企業コンセプト

弊社はクラシック音楽を中心として、演奏会の企画や演奏者の提供をしております。

特に一般の方に堅苦しくない、クラシック音楽講座やオペラ講座などが好評をいただいております。

公共ホールの文化(音楽)担当の皆様に、楽しくてクオリティの高い演奏会の企画立案や立案の為のご助言などにも実績がございます。

牧村邦彦プロフィール

牧村邦彦氏

指揮者 牧村 邦彦

大阪芸術大学演奏学科卒業後、ウィーン国立音楽大学指揮科にてO・スイトナー氏のもとで学ぶ。

大阪シンフォニカー交響楽団(現大阪交響楽団)指揮者として’91年から’04年まで13年間にわたり活躍し、数百回の演奏会に出演。中でも協奏曲等のいわゆる《合わせもの》のスペシャリストとして活躍する他、自身の企画によるオペラ・コンチェルタンテシリーズを長年継続し好評を得た。他に京都市交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団とも長く共演する。海外でもグルジア国立アジャーラ交響楽団、ウィーン楽友協会ホールでアンバサーデ・オーケストラ・ウイーンを指揮。吹奏楽の分野でも日本で最も長い歴史を持つプロ吹奏楽団「大阪市音楽団」に現在まで15年以上にわたり定期的に出演している。オペラの指揮を活動の中心とし70作品以上のレパートリーを持ち、現在では毎年6作品以上のオペラ作品を継続的に指揮する国内で最もオペラ指揮活動の多い指揮者の一人である。北海道、名古屋、関西、中国、四国の『二期会』を始めとする全国各地のオペラ団体。米国ソルグ、ホワイトウォーター各オペラカンパニーへの客演指揮、等、国内外で活躍している。

指揮をする牧村邦彦氏

正指揮者を務めるオペラハウス管弦楽団とは、近年だけでも、「ファルスタッフ」「イル・トロヴァトーレ」「愛の妙薬」「ドン・パスクアーレ」「セヴィリアの理髪師」「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」「椿姫」「アイーダ」「マリア・ストゥアルダ」「ラ・ファヴォリータ」「ランメルモールのルチア」「ジプシー男爵」「ザネット」 「アメリア舞踏会へ行く」松下功「遣唐使」全幕初演などを指揮。

指揮をした下記公演が、 2000年度大阪文化祭賞本賞(大阪シンフォニカー第71回定期演奏会)
第1回佐川吉男音楽奨励賞(新潟センチュリーオペラ「てかがみ」公演)
第7回佐川吉男音楽賞奨励賞(みつなかオペラ「椿姫」公演)
第8回佐川吉男音楽賞本賞(ニュー・オペラシアター神戸「蝶々夫人」公演)
第18回兵庫県芸術奨励賞(みつなかオペラ)
第31回音楽クリティッククラブ奨励賞(みつなかオペラ「アイーダ」公演)
を受賞。自身も、平成22年度 尼崎市民芸術賞奨励賞、平成24年度 川西市民文化賞を受賞。

指揮活動のみならず、演奏会企画・公演プロデュース・公演制作アドバイス・演奏会ナビゲーター・ などでも活躍している。

トップへ戻る